2006年04月29日

人生って何だろうって悩んだときの素敵な言葉3

偉人や著名人たちも 人生とは、何だろう
と考えたり悩んだりしています。

生きている限りは誰しもそうですね。。

もしそんな時偉人や著名人たちの言葉が
生きるヒントになるかも知れませんね。。。。



『この地上に束の間の生を受け、
 駆け抜けるように去っていく無数の人々のなかで、
 我々が、その短い生涯において「縁」を得るのは、
 わずか一握りの人々に過ぎない』
    ----- メメント・モリ 死を忘れるな より



『この道を行けばどうなるものか。
 あやぶむなかれ、あやぶめば道はなし。
 踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。
 迷わず行けよ、行けばわかるさ!』
    ----- アントニオ猪木



『希望は永久に人間の胸に湧く。
 人間は常に現在幸せであることはなく、
 いつもこれから幸せになるのだ』
    
    ----- ボープ



『強く無ければ生きていけない。
 優しくなければ生きていく資格が無い』


          -----レイモンド・チャンドラー
                 「プレイバック」より


★上記の関連書籍★

一度死んでみますか?  アントニオ猪木の元気の出る発言録  
posted by maman at 01:55| Comment(0) | 元気になる言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。